FC2ブログ

サロンダイアリー★サンパティーク本店

エステティシャン elliy's diary

秋のお肌2



ダメージのひとつ


夏の紫外線の影響によるメラニン生成の活発化、
そしてそれに伴うシミ・ソバカスなどの色素沈着です。




肌が健康的な状態であれば、紫外線が少なくなるにつれ
メラニン生成量は元の状態に戻っていきますし、
生成されたメラニンも新陳代謝とともに排出されていきます。



ただし、肌の状態が適正でないと
生成されたメラニンがそのまま肌内部に残存し
シミ・ソバカスなどの色素沈着となってしまいます。





ダメージのもうひとつは


夏の紫外線の影響による肌乾燥です。



夏が終わり、9月10月になってくると
肌からツヤや滑らかさが失われたようなカサカサ感や
肌が厚く硬くなったようなゴワゴワ感を感じることがあります。



これは、紫外線が表皮細胞(角化細胞)に悪影響を与えた結果

角質層に機能不全の細胞が多くなり
そのため角質層における保湿機能やバリア機能が低下している状態です。



また、肌のカサカサ感ヤゴワゴワ感を自覚しなくても
夏の紫外線の悪影響は、角質層の保湿機能やバリア機能を確実に低下させているので
肌トラブルや肌老化現象の発生の可能性がひそんでいるということになります。




いかに秋のお手入れが大切か…


秋のお手入れをしっかりしておけば
冬のお肌も安心ですよね(^^)
水素 | Home | 秋のお肌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する